新築の一戸建ては若くして持つべきである

家族を持つとマイホームとして新築の一戸建てを検討するものですが、これは一般的に仕事の状況や収入などを考えていくと30代や40代で住宅ローンを組んで新築の一戸建てを購入する人が多いです。しかし、もっと早く20代で新築の一戸建てを持つ方がメリットが高いことを知っておきたいものです。



5000万を借りて新築の一戸建てを建てるという場合に月々10万を40年返済すると年間120万の40年で4800万となります。



例えば、20歳で住宅ローンを組むことが出来たとすると、そこから40年後は60歳です。



仕事もそろそろ退職して年金暮らしを始めようかという年齢になります。
同じ条件で30歳の場合は70歳で完済です。



60歳まで仕事を続けたとして、そこから仕事を退職するなら残り10年の返済はどうするのか、これは非常に大きなポイントになってきます。



大抵、このような状況にならないためにボーナスをとにかく住宅ローンに充てる、退職金を使うなど、色々と工夫することが多いです。



住宅ローンは自分が仕事をしている間に完済出来るのが好ましいものです。



貯金をすれば安心という人がいますが、結局それは利息が安くなるだけであり、利息だけで何十年と返済期間を短くすることは不可能です。



どちらにしても早く完済するためには年収を上げるしかありません。また、仕事を現役で続けることを考えれば若くして新築の一戸建てを購入するほうが安定感が高くなることを知っておきましょう。

関連リンク

新築の一戸建ては若くして持つべきである


家族を持つとマイホームとして新築の一戸建てを検討するものですが、これは一般的に仕事の状況や収入などを考えていくと30代や40代で住宅ローンを組んで新築の一戸建てを購入する人が多いです。しかし、もっと早く20代で新築の一戸建てを持つ方がメリットが高いことを知っておきたいものです。...

中古より一戸建ては新築が良い


中古の一戸建ては値段が安いですが、値段が安いと状態は悪いです。状態が良くて値段が安い、こうした都合の良い一戸建てはあまり多くはありません。...