新築の一戸建てはローン返済トラブルに注意

新築の一戸建てを購入する際に住宅ローンを活用するつもりなら、もし完済できなければどうなるのか、このトラブルについて知識をしっかりと持っておきたいところです。



新築の一戸建てを購入する時、住宅ローンを利用する人はとても多く、契約内容として保証人や担保は必要になってきます。



夫が契約をして妻や両親が保証人になる、このケースが一般的に多いです。



担保については資産家でない限りは担保に出来る物件を持っていないことが多く、新築の一戸建てを建てるために購入した土地などを担保とすることが多いです。



こうして住宅ローンを活用して新築の一戸建てを購入した場合、そこからは返済をしていくことになるわけですが、もし返済することが出来なくなった場合はどうするのか、この場合は債務整理をすることになりますし、マイホームは基本的に競売になります。

ローンを完済しなければマイホームを売られてしまうことになるので、返済が遅れ続けると結構状況は深刻です。
競売に関する通知がやってくると、自宅から退居する必要も出てきます。
キャッシングやカードローンとは違って、住宅を失う可能性があることが住宅ローンの怖いところです。



新築で一戸建てを購入したら、住宅ローンを完済するまでは他で借金を作らないようにしましょう。



これが本当に大事です。
他の借金は住宅を担保としない限りはマイホームを失うことはほぼありません。



しっかりと上記を覚えておきたいものです。



関連リンク

新築の一戸建てはローン返済トラブルに注意


新築の一戸建てを購入する際に住宅ローンを活用するつもりなら、もし完済できなければどうなるのか、このトラブルについて知識をしっかりと持っておきたいところです。新築の一戸建てを購入する時、住宅ローンを利用する人はとても多く、契約内容として保証人や担保は必要になってきます。...

中古より一戸建ては新築が良い


中古の一戸建ては値段が安いですが、値段が安いと状態は悪いです。状態が良くて値段が安い、こうした都合の良い一戸建てはあまり多くはありません。...