新築の一戸建てはローン審査に通ることから始めよう

新築の一戸建てはローン審査に合格することから始めたいものです。



相当収入が高い人でなければローン無しで新築の一戸建てを持つことはかなり厳しいものがあります。
どのくらいの規模や内容でマイホームを検討しているのかにもよりますが、少なくとも2000万や3000万、又は都会なら土地の価値が高いため4000万ほどはお金を用意しておきたいものです。



新築の一戸建ては注文住宅でマイホームを建てるか建売住宅を購入しますが、建売住宅の方が若干値段を抑えることが出来ます。



しかし、どちらにしても高額なお金が必要となるのでローンは必須になります。
住宅ローンとは審査に合格しなければ融資をしてもらうことが出来ない内容です。


そのため、ローンをあてにしてマイホーム計画を考えている人はそもそも審査に合格しなければすべての計画は無しとなります。


住宅ローンの審査に合格するには基本的に年収がしっかりとあることが前提ですが、これだけでは合格出来ません。



特に気を付けておきたいのが勤続年数と信用です。



日頃から金融会社を利用することが多い人の場合、借り過ぎてしまうと返済事故に陥るケースがありますが、こうした状況では信用不足で不合格になります。



また、借金を持っていると不利ですし、仕事をしていると言っても継続して仕事をしていないなら、収入の安定感が見込めないという理由から住宅ローン審査に落ちてしまうことがあります。



こうしたポイントに気をつけておきましょう。



関連リンク

新築の一戸建ては若くして持つべきである


家族を持つとマイホームとして新築の一戸建てを検討するものですが、これは一般的に仕事の状況や収入などを考えていくと30代や40代で住宅ローンを組んで新築の一戸建てを購入する人が多いです。しかし、もっと早く20代で新築の一戸建てを持つ方がメリットが高いことを知っておきたいものです。...

新築の一戸建てはローン返済トラブルに注意


新築の一戸建てを購入する際に住宅ローンを活用するつもりなら、もし完済できなければどうなるのか、このトラブルについて知識をしっかりと持っておきたいところです。新築の一戸建てを購入する時、住宅ローンを利用する人はとても多く、契約内容として保証人や担保は必要になってきます。...